関西トピックス

ページ : 2  3  4  5  6  7  8  9  10

チェコフィル・ブラス来日決定!

チェコフィル・ブラス来日決定! 1896年、作曲家ドヴォルザークの指揮の下、活動を開始したチェコ・フィルハーモニー管弦楽団。その首席トランペット奏者として30年以上活躍してきた、あのミロスラフ・ケイマルが1973年に結成した、世界的ブラス・アンサンブル「チェコ・フィル・ブラス」が民音のステージに初登場です!


編成:金管6重奏
(トランペット2、ホルン1、トロンボーン1、バス・トロンボーン1、テューバ1)


主な予定曲目:
ドヴォルザーク:わが母の教えたまいし歌、交響曲第9番「新世界より」よりラルゴ、ユモレスク
ガーシュウィン:ポーギーとベス組曲 エンニオ・モリコーネ:映画「ウェスタン」より 他

新年あけましておめでとうございます。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

年末年始の営業のご案内

民音関西センターは、年内は12月27日まで、年始は1月4日より営業致します。

何卒よろしくお願い申し上げます。

師走の大阪で「関西留学生音楽祭 in OSAKA 20th」が開催!

師走の大阪で「関西留学生音楽祭 in OSAKA 20th」が開催! 2011年12月4日(日) 2:00p.m. 大阪国際交流センター


京都・大阪を中心とする関西に学ぶ留学生が一堂に会して、自国の伝統舞踊や歌などを披露する師走の大阪を彩る祭典、「関西留学生音楽祭in OSAKA 20th」(主催:財団法人 民主音楽協会、財団法人 大阪国際交流センター)が、昨年12月4日(日)14時より晴天に恵まれるなか、大阪国際交流センター(大阪上本町)で開催されました。

 今回は、「The seed of hope! ~世界に送る希望のメッセージ」とのテーマのもと、19ヶ国・地域、23大学・学校、87名の留学生が出演されました。
 韓国の琴演奏「ドラジ」から幕をあけた音楽祭は、ウイグル音楽・舞踊「チマデヴリ~茶碗踊り~」や、ノルウェーのアカペラによる「バイキングの歌」、中国伝統武術「太極拳 剣舞」など、多彩なステージとなりました。

最後のワールド・ステージでは、全留学生と日本人学生合同による「上を向いて歩こう」の大合唱でフィナーレを迎え、世界平和へ各国の若人が友情を結ぶ祭典に、ご来場頂いたお客様より惜しみない拍手が贈られました。

吉田兄弟 コンサート 2011 弦奏

吉田兄弟 コンサート 2011 弦奏 吉田兄弟は、津軽三味線奏者の初代・佐々木孝氏に師事し、津軽三味線全国大会等で活躍し注目を集め、1999年には、メジャーデビューアルバム「いぶき」が、10万枚を超えるヒットとなり注目を集めました。その後、アルバム制作と共に、アメリカやヨーロッパ、アジア等の海外でのコンサート活動にも力を注ぎ、幅広い世代のリスナーから高い人気を得ました。
今回のコンサートでは、ヴァイオリンと津軽三味線のコラボレーションをお楽しみいただきます。
伴奏楽器の域を超えた、津軽三味線の可能性にもご注目下さい。

ページ : 2  3  4  5  6  7  8  9  10
ページトップへ戻る