関西トピックス

ページ : 1  2  3  4  5  6  7  8  9

あおい輝彦オンステージ

あおい輝彦オンステージ 主な予定曲目:二人の世界、あなただけを、Hi-Hi-Hi、センチメンタル・カーニバル、‘60~‘90年代 流行歌メドレー、他

元祖アイドルグループ「ジャニーズ」のメンバーとしてデビュー。その後ソロとしても「あなただけを」が大ヒット。俳優として「水戸黄門」の助さん役、声優としてテレビアニメ「あしたのジョー」で主人公・矢吹丈の声を担当するなど長年幅広く活躍しています。今回は、オリジナル曲を含め昭和の流行曲を次々と歌い上げる、盛り沢山の楽しいステージで、感謝の気持ちと明日への希望を胸に、心温まるコンサートを行います。どうぞご期待下さい。

ゴールデン・シニア・トリオ

ゴールデン・シニア・トリオ ジャズメンは、いくつになっても、かっこいい。

出演:ゴールデン・シニア・トリオ(鍋島直昶、大塚善章、宮本直介)、
北荘桂子(ヴォーカル)、田中ヒロシ(ドラム)、ナビゲーター:村地孝明、司会:紀平真理

主な予定曲目:
慕情、ムーン・リバー、酒とバラの日々、星に願いを、いそしぎ、A列車で行こう、オール・オブ・ミー、ブルーレディに紅いバラ 他

半世紀以上、名実ともに関西ジャズ界をけん引し、2008年にファンの要請で結成された「ゴールデン・シニア・トリオ」。その合計年齢は239歳〈平均79歳!〉。テレビ・新聞等でも大きな話題の3人は、「シニア世代に元気を!後輩に良質のジャズを!」をモットーに、今もそれぞれのグループのリーダーとして、また、時にはゲスト・ソリストとしても活躍する「生涯青春」のジャズメンです。
巨匠たちが奏でる豊潤なサウンドに、どうぞご期待下さい。

AUN J クラシック・オーケストラ

AUN J クラシック・オーケストラ 主な予定曲目:
ふるさと、この道、青い薔薇、海の路、道、他

もっとポピュラーに、もっとシンプルに、もっとかっこよく。和楽器の可能性を表現し、世界に向けて日本文化と和楽器の素晴らしさをアピールするために、鬼太鼓座出身の双子の和太鼓奏者・井上良平、公平の呼びかけで結成された「AUN J クラシック・オーケストラ」。和太鼓、三味線、筝、尺八、横笛、鳴物による和楽器のオーケストラは、海外公演も行い、世界からも絶賛の声を集めています。和楽器の新たな可能性を体感できるコンサートにぜひご期待ください。




和太鼓、三味線:井上良平
和太鼓、三味線、笛:井上公平
鳴り物:秀
中棹三味線:尾上秀樹
尺八:石垣秀基
笛:山田路子
箏:市川慎
箏:山野安珠美

河口恭吾 ありがとうSONGSコンサート開催決定!

河口恭吾 ありがとうSONGSコンサート開催決定! 河口恭吾の代表曲「桜」は、リリースした2003年に有線放送で話題となり、ラジオ局・CDショップへの問い合わせが殺到、翌年に大ヒットとなりました。その年のNHK紅白歌合戦に出場を果たし、日本レコード大賞[金賞/作曲賞]も受賞。一躍、トップアーティストとして脚光を浴びました。
 今回は、感謝の想いを込めて、「ありがとう」をテーマにした民音オリジナルコンサートをお届けします。
 父母への感謝の気持ち、家族や恋人への慈しみ、友を励ます歌、出会いと別れを綴った抒情詩・・・。
今回のステージでは、代表曲「桜」のほか、CMで話題となったカバー曲「ハナミズキ」など、昭和~平成の歌謡曲・J-POPの幅広い名曲のカバーをメインに、河口恭吾が心を込めて歌います。
桜舞う季節にお贈りする河口恭吾の世界に、どうぞご期待下さい。



あなたの“ありソン”大募集!!



「河口恭吾 ありがとうSONGSコンサート」では、あなたの心に残るあの歌この唄を募集しています!楽しかったあの頃も、つらかったあの時も、振り返ればそこには「歌」があったはず・・・。そんなあなたの"ありがとう"の気持ちを伝える、思い出の歌(曲名)をエピソードを添えて、リクエストしてください。ご応募頂いた中から河口恭吾自身が選んで、コンサート(“ありソン”コーナー)でご紹介致します♪

■応募方法
次の1~5をご明記のうえ、以下の宛先までお送りください。(用紙・形式は問いません。)

1あなたの“ありソン”(曲名・歌手)
2エピソード
3居住地
4年齢
5性別
※個人情報は、本公演に関しないその他の目的には利用いたしません。
・FAX 03-5362-3411「ありソン係」
・手紙・ハガキ 〒160-8588 東京都新宿信濃町8 民音 広報宣伝部「ありソン」係
・Eメール arison@min-on.or.jp
(お問合せ先 民音広報宣伝部 TEL 03-5362-3440)

チェコフィル・ブラス来日決定!

チェコフィル・ブラス来日決定! 1896年、作曲家ドヴォルザークの指揮の下、活動を開始したチェコ・フィルハーモニー管弦楽団。その首席トランペット奏者として30年以上活躍してきた、あのミロスラフ・ケイマルが1973年に結成した、世界的ブラス・アンサンブル「チェコ・フィル・ブラス」が民音のステージに初登場です!


編成:金管6重奏
(トランペット2、ホルン1、トロンボーン1、バス・トロンボーン1、テューバ1)


主な予定曲目:
ドヴォルザーク:わが母の教えたまいし歌、交響曲第9番「新世界より」よりラルゴ、ユモレスク
ガーシュウィン:ポーギーとベス組曲 エンニオ・モリコーネ:映画「ウェスタン」より 他

ページ : 1  2  3  4  5  6  7  8  9
ページトップへ戻る