関西トピックス

ページ : 1  2  3  4  5  6  7  8  9

河口恭吾 ありがとうSONGSコンサート開催決定!

河口恭吾 ありがとうSONGSコンサート開催決定! 河口恭吾の代表曲「桜」は、リリースした2003年に有線放送で話題となり、ラジオ局・CDショップへの問い合わせが殺到、翌年に大ヒットとなりました。その年のNHK紅白歌合戦に出場を果たし、日本レコード大賞[金賞/作曲賞]も受賞。一躍、トップアーティストとして脚光を浴びました。
 今回は、感謝の想いを込めて、「ありがとう」をテーマにした民音オリジナルコンサートをお届けします。
 父母への感謝の気持ち、家族や恋人への慈しみ、友を励ます歌、出会いと別れを綴った抒情詩・・・。
今回のステージでは、代表曲「桜」のほか、CMで話題となったカバー曲「ハナミズキ」など、昭和~平成の歌謡曲・J-POPの幅広い名曲のカバーをメインに、河口恭吾が心を込めて歌います。
桜舞う季節にお贈りする河口恭吾の世界に、どうぞご期待下さい。



あなたの“ありソン”大募集!!



「河口恭吾 ありがとうSONGSコンサート」では、あなたの心に残るあの歌この唄を募集しています!楽しかったあの頃も、つらかったあの時も、振り返ればそこには「歌」があったはず・・・。そんなあなたの"ありがとう"の気持ちを伝える、思い出の歌(曲名)をエピソードを添えて、リクエストしてください。ご応募頂いた中から河口恭吾自身が選んで、コンサート(“ありソン”コーナー)でご紹介致します♪

■応募方法
次の1~5をご明記のうえ、以下の宛先までお送りください。(用紙・形式は問いません。)

1あなたの“ありソン”(曲名・歌手)
2エピソード
3居住地
4年齢
5性別
※個人情報は、本公演に関しないその他の目的には利用いたしません。
・FAX 03-5362-3411「ありソン係」
・手紙・ハガキ 〒160-8588 東京都新宿信濃町8 民音 広報宣伝部「ありソン」係
・Eメール arison@min-on.or.jp
(お問合せ先 民音広報宣伝部 TEL 03-5362-3440)

チェコフィル・ブラス来日決定!

チェコフィル・ブラス来日決定! 1896年、作曲家ドヴォルザークの指揮の下、活動を開始したチェコ・フィルハーモニー管弦楽団。その首席トランペット奏者として30年以上活躍してきた、あのミロスラフ・ケイマルが1973年に結成した、世界的ブラス・アンサンブル「チェコ・フィル・ブラス」が民音のステージに初登場です!


編成:金管6重奏
(トランペット2、ホルン1、トロンボーン1、バス・トロンボーン1、テューバ1)


主な予定曲目:
ドヴォルザーク:わが母の教えたまいし歌、交響曲第9番「新世界より」よりラルゴ、ユモレスク
ガーシュウィン:ポーギーとベス組曲 エンニオ・モリコーネ:映画「ウェスタン」より 他

新年あけましておめでとうございます。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

年末年始の営業のご案内

民音関西センターは、年内は12月27日まで、年始は1月4日より営業致します。

何卒よろしくお願い申し上げます。

師走の大阪で「関西留学生音楽祭 in OSAKA 20th」が開催!

師走の大阪で「関西留学生音楽祭 in OSAKA 20th」が開催! 2011年12月4日(日) 2:00p.m. 大阪国際交流センター


京都・大阪を中心とする関西に学ぶ留学生が一堂に会して、自国の伝統舞踊や歌などを披露する師走の大阪を彩る祭典、「関西留学生音楽祭in OSAKA 20th」(主催:財団法人 民主音楽協会、財団法人 大阪国際交流センター)が、昨年12月4日(日)14時より晴天に恵まれるなか、大阪国際交流センター(大阪上本町)で開催されました。

 今回は、「The seed of hope! ~世界に送る希望のメッセージ」とのテーマのもと、19ヶ国・地域、23大学・学校、87名の留学生が出演されました。
 韓国の琴演奏「ドラジ」から幕をあけた音楽祭は、ウイグル音楽・舞踊「チマデヴリ~茶碗踊り~」や、ノルウェーのアカペラによる「バイキングの歌」、中国伝統武術「太極拳 剣舞」など、多彩なステージとなりました。

最後のワールド・ステージでは、全留学生と日本人学生合同による「上を向いて歩こう」の大合唱でフィナーレを迎え、世界平和へ各国の若人が友情を結ぶ祭典に、ご来場頂いたお客様より惜しみない拍手が贈られました。

ページ : 1  2  3  4  5  6  7  8  9
ページトップへ戻る